ブルーベリー茶屋のブルーベリー

文字通り、当店の看板である「ブルーベリー」。
ここ最近のおかしな気候が心配ではありますが、四季折々、いろんな表情を見せてくれています。

2016年6月下旬に近い中旬(笑)

今年第一号の青い実、発見しました!
周りはまだまだ緑色だけど。
これから少しずつ、こんな光景が増えていきます。

第一号発見の翌日。
同じ木で、いくつか青い実が採れました。

 

2016年5月下旬。

まだ5月だというのに、こんなにぷっくりと膨らんでいます。
まだまだ緑色だけど。

 

2016年5月上旬。

4月末には花が落ち、受粉完了!の知らせかのような、ぷっくりした緑色の実が目立ち始めました。

ぶる実
ぶる実

ここから、食べられるまではなかなか時間がかかりますが、この梅雨前後の時期が肝心です!

美味しいジャムまでもう少しお待ちくださいね。

 

2016年4月上旬。

今年は桜は遅かったのに、ブルーベリーは例年より10日ほど早く開花しました。
暖冬が影響してるんでしょうかね?

とにかく花いっぱいです。

ぶる花
ぶる花 こちら、ラビットアイ系の赤い花。
まだスリムな花ですが、ぷっくり膨れる頃には、蜂さんたちが土手の巣箱からやってくるかな〜?

 

2016年3月。

すっかり年も変わり、寒い間、力を溜めた新しい芽や葉がたくさん見られるようになってきました。

ホップのような形のむくむくしたのが、新しい枝葉になるようです。

新芽
おっと!ここにも気の早い花が(笑)
12月に比べれば少ないですが、3月にちょっと暖かい日が続くと、コレです。

そんなに急いで咲いても、ハチさんいないよ〜。

 

紅葉 2015年12月。

今年はぐっと冷え込むことがなく、秋の紅葉はどこも残念…と思っていたら、12月にしっかり紅葉してました、ブルーベリー。

真っ赤になって、今から冬越えの準備です。
と、思いきや!
12月なのに、なんと、花が咲いているではありませんか!?

4月ほどあったかいってことなんでしょうか?
確かに、12月に入っても、東京では夏のような日もあったようだし。

植物は敏感です。何か教えてくれていると思うのです。
冬の開花

 

紅葉 2015年11月。

すっかり冬間近に近くなりました。
でも、今年の冬はなかなか冬らしくならず、全体的に紅葉もきれいじゃない秋になっちゃいました。
ブルーベリーの紅葉も、以前の写真と比べると、あまり鮮やかではない気がしますね。

暖冬とはいえ、これから越冬。
何事もなく、冬を、年を、越してもらいたいものです。
紅葉

 

2015年7月。

とにかく、どんどん採れるんです…。
7月に入って、めっきり夏らしくなって、日々実が青くなっています。
多い時は、右の写真のように、一日で10kg近くも採れることがあるんですよ。
今年は父親がメインで摘んでくれているので、とても助かってます(笑)
ぶる実
ジャム瓶 というわけで、保存場所もどんどんいっぱいになってしまったので、どんどんジャムを作っています。

作りたてのジャムは、こんな風に逆にして密封力を上げます。
お盆頃、と言っていたのに…
8月初旬から、と言っていたのに…
結局前倒しで、7月最終週から販売してます!

今年も「ぶるぢゃやのぶるじゃむ2015」よろしくお願いいたしますm(_ _)m

ジャム瓶

 

2015年6月下旬。

平年通りかな〜と思っていた収穫ですが、6月下旬から急にスイッチが入ったように青くなり始めました。
ぶる実
ぶる実

摘みだすと、かわいい写真を撮ってる場合でもなくなってしまいます(- -;)
今年はかなりのスピードで収穫できています。
畑に庭に、きれいにしてくれている父が、収穫を手伝ってくれていますので。笑

ジャムの販売ももう少しです。お楽しみに。

 

2015年6月中旬。

案の定、爽やかな晴天の日は少なく、日照時間が不足気味かもしれません。
一粒一粒は、少しずつ大きくなっているものの、じっくりじっくり、ゆっくりです。
ぶる実
カミキリムシ

そんな中、天敵発見!
カミキリムシです。

子どもの頃は、イチジクの木によくいて、捕まえて遊んでいましたが、最近は珍しいので「うわ〜。おっき〜」と楽しんでいたら、「見つけたら首をちぎって殺しなさい」とのご指導が(汗)

そう、かっこいいカミキリムシですが、木に穴を開けて悪さをするそうなので、要注意。
もちろんこの後、偵察隊(といっても父一人・笑)が見回っていました(笑)

 

ぶる実
2015年5月上旬。

花がすっかり落ちて、ここから大きく膨らむのがひと苦労。
いきなり5月に台風接近という異常気象で、今年の収穫は、かなり気候を気にしておかないといけませんね。

 

2015年4月下旬。

花が落ちて、全体的に木々が緑色になりました。
花の落ちた後が丸くなりはじめ、受粉がうまくいったことを教えてくれます。

蜂さんも寒い中、がんばってくれました。
おいしい蜜は集まったかな?
ぶる実
ぶる花

2015年4月上旬。

春が寒くて心配した開花も、蜂の訪れも、なんとか順調に運びました。

こんなにいっぱいの小さな花が付きました。

ひとつひとつは小さいですが、これがそのまま実となると…すごい数なんですよね(笑) ぶる花

 

2015年2月。

比較的暖冬だったこの冬。
この写真の日は、寒の戻りの雨の日でした。
大きく膨らんだ新芽に、雨粒が垂れて、きれいでした。

もうすぐ白い花のつぼみも並び始め、春がやってきますね。
ぶる新芽

 

2015年1月。

急に寒くなったこの冬。
こんな寒気の中でも、ブルーベリーは健気に新芽の準備中です。

小さいから分かりにくいんですが(^ ^;)
赤い膨らみが、新しい芽です。
新芽

 

2014年11月。

今年は一気に冷え込んだので、10月には紅葉もちらほら見られましたかね。
紅葉1
紅葉2 同じブルーベリーでも、紅葉するのとしないのと、いろいろあって、いまだに不思議なブルーベリーです。笑
2014年10月。

というわけで、「ぶるぢゃやのぶるじゃむ2014」
どんどん産まれてます。
ぶるジャム
ジャム

今年は「かんおんじ感動体験博覧会 かんぱく」で、参加者の皆さんと一緒にジャム作りをするという試みに挑戦です。

 

 

2014年7月。

いつもなら、七夕さんに初ものを食べることが多いのですが、今年は一週間ほど早く、青い実を食べることができました。
ぶる実
ぶる実 今年は、庭担当の父上が付きっきりだったので、水も肥料もしっかり与えられていて、実の一粒一粒が大きく、甘いものが多かったです。
夏休みが始まる頃になると、もう毎日収穫しないと間に合わなくなりました。
夕方、2〜3時間友達と二人で摘んで、8kg近くを収穫したこともありました(^_^;)
収穫
ジャム

ということで、8月上旬から『ぶるぢゃやのぶるじゃむ2014』、販売しております。
毎朝の栄養補給に、贈り物に、お土産に。
いろんなシーンで使ってやっていただけるとうれしいです。

 

2014年6月下旬。

花が落ち、やんちゃげだった姿もすっかり変身を遂げました。葉も青々として、実も張りがあります。
ブル実
ブル実

上の写真とは、品種の違う実。
ちょっと赤みが強いです。
こちらも葉のいきいきとした緑色と、ほんのり赤みがかった白い実が、美しいコントラストになっています。

こんな姿も今だけです。

 

2014年5月上旬。

連休が終わる頃には、花もすっかり落ちて、こんな状態です。
一番ブサイクな姿ではありますが、この頃の水やりを怠ったりすると、実が膨らまないので、大切な時期でもあるんですよ。
ぶる実
ぶる実

そして、下旬には、そのぽちぽちもひとつずつが膨らみはじめ、いよいよといった感じです。

 

2014年4月下旬。

心配していた、寒い四月もようやく暖かい日が続くようになりました。
今年もブルーベリーの花は数珠なりです。
ぶる花
みつばち

肝心なのはみつばちのお仕事。
こんな風に、花から花へ飛び回ってくれることで、受粉の手助けをしてくれています。

お疲れさま、みつばちさん。
今年もよろしくね〜♪


2014年3月。

久しぶりの写真ですね。
2月はずいぶん冷えましたが、3月の陽気で、新芽もむくむくです。
ぶる芽
ぶる花 毎年、一本だけ、先に花が付くのは、小さな木。
この白い小さな、スズランのような花の一つひとつが、ブルーベリーの実になるんですよ。

 

2013年11月。

ブルーベリーの木も、紅葉するんですよ。
といっても、なぜか一部の木だけ、一部の枝だけなんですが。
赤い葉っぱを見ると「もうすぐ一年が終わるな〜」って感じます。
紅葉

 

お休み中 2013年10月。

さすがに収穫中は、実りいっぱいの木々の撮影より、収穫に追われてしまって、夏のいい写真ありません(笑)

朝晩が冷えるようになって、ようやく肥料をもらった木々は少しの間お休みです。

今年もたくさんの実りをありがとう。
来年もたくさん実るように、しっかり春まで休んでね。

 

ブル実 2013年7月。

6月末から突然暑くなり、それと同時にブルーベリーが一気に青みを増し始めました。

こんな風に、同じ枝でも成長具合はバラバラですが。

ブルーベリー摘みは、いつもだいたい夕暮れ頃に行います。
なので、こんな風景を見ながらの収穫が多いです。

暑さは和らぎますが、夕方は蚊が多い!(笑)
あの、プ〜ンという音に惑わされながら、虫除けを吹きまくって、ネットラジオを聴きながらやってます。

夕焼け

ブルーベリー
塵ではありませんが、ブルーベリーも積もれば山となります。

ジャム炊き
こんな風に、せっせと炊いて準備していきます。
ジャムの販売、もう少しお待ちくださいね。

 

2013年6月。

心配していた蜂不足もなんとかクリア。こんなにたくさんの実が付いています。なかなか青くなるまでは大変ですが。

(写真→)6月中旬。夕陽を浴びて。
ブル実
ブル実 6月下旬。
一粒、一粒は少〜しずつ大きくなっていってるような気がします…笑

 

2013年5月中旬。

花もすっかり落ち、気付けば実の元が膨らみ始めています。
ブル実
ブル実 これ、ひとつひとつが実になりますよ。
ブルーベリーは、ブドウのように房ひとつが一緒に熟すのではなく、房(というか、枝)の中でも一個ずつ色付きます。
だから、収穫は一個単位。
大変な作業なんですよ、実は。

でも、楽しみですね、今年も。

 

2013年4月上旬。

春ですよ〜。
ブルーベリーの花、咲きました。
もうすぐミツバチの羽音の大合唱が聴こえます。
ブル花
ブル花 ブル花
白っぽい花。

赤っぽい花。


2012年11月下旬。

長い間、写真が上がってませんでしたね…。
たくさん採れた今年の実は、ジャムとなり、皆さんの胃袋に届いているころです。
そして、少し前になりますが、紅葉も楽しめました。
紅葉

 

2012年7月上旬。

いよいよ、今年もはじまりました。

夕陽に照らされたまだほの白い実が、ぴーちくぱーちく、口を開けて餌を待つ、小鳥のように見える、夕暮れ。
ブル実
ブル実 ブル実
一本の木に、実が少ないものは、割と早く実ります。
特にこれは大きい実の品種だと思われ、甘さもしっかり。
ブル実
いっぺんに実ってくれれば…
ブル実
楽なんですがね…そうはいかない。
ケムシ

ブルーベリー摘みというと、楽しいイメージをお持ちかもしれませんが、あえて、本当のことを教えてあげましょう。

こいつらがいるんです。ケ・ム・シ!(正確には「イラガ」というそうです)
しかも、触るとビリビリ電気が流れるような痛さで、涙が出そうになります。
だから、ブル摘みは「長袖・長ズボン(蚊よけ)・手袋」が必須なのです。
農家さんと同じ、しんどいことの方が多いです。
だからこそ、ジャムなどを、愛情を持って作れるのかもしれませんね。

 

2012年5月下旬。

花が落ち、すっかり緑色になりました。
今年もたくさん実りそうです…。
ぶる実
雨露

雨の朝、雨粒と、ブルーベリーが、ころころと。

 

2012年4月中旬。

長い冬を過ぎて、ようやく花が咲きはじめました。
ぶる花
ぶる花

今年もたわわに実る予感、の、花の数…。

 

2012年3月上旬。

今年の冬は長く冷えますね。
でも、植物は確実に季節を感じていますね。

ムクムクと膨らむ、ブルーベリーの新しい芽。
ぶる芽
ぶる芽 こんな小さな芽から、また新しい枝ができ、葉が付き、花が咲き、実がみのる。
毎年同じだけど、毎年ドキドキする。
「今年はちゃんと実るかな…」って。

 

2011年12月上旬。

すっかり冬になってしまいましたが…。
ぶる畑
ぶる紅葉 2011年は、花も実りも、紅葉も。
すべて少しずつ遅かったように思う一年でしたね。

山を見上げるより、庭を見る方が紅いなんて(笑)
一番きれいに紅かった時を撮れたかもしれません。
2012年も、いっぱい実りますように…。
ぶる紅葉

 

2011年8月上旬。

収穫時期の山場も過ぎ、ちょっと落ち着いたところで、撮影。
毎年、最盛期の写真を撮り忘れていたもので(笑)
ぶる畑
ぶる実 今年は、例年より少し早く実り始め、例年より長い間摘んでいるような気がする。
多くの果物が、多雨のせいで水っぽい味になっている中、ブルーベリーは水分でパンパンに膨れた方がおいしそうだ。
大きい物はブドウのよう。
それにしても、ありがたい豊作だけど、摘むのはキビシイ作業…青くなった実だけを採取するマシーン、誰か開発してくれないだろうか?笑

苦労して収穫したブルーベリー。
今年のジャムとなり、いよいよ登場。
ぶる実

 

2011年6月下旬。

実のひとつひとつが大きくなってきた。
ぶる実
ぶる畑 お客様から「ブルーベリーの木はどれ?」って、
よく尋ねられる。
今が一番分かりやすい時かも。

ある日、葉の一部が茶色くなっているのに気付いた。
そう、毛虫だ。さっそくチビッコ毛虫の大群を発見して、退治!
写真は…控えておいた(笑)

 

2011年5月下旬。

気が付けば、実、実、実。
ぶる実
ぶる実 こちらの品種は、まだ花と実が同時に付いている。

今年は梅雨入りが早いとのこと。
長雨にさらされて、水っぽくならないことを祈るばかり…。

 

2011年4月下旬。

例年よりは少し遅れたけれど、満開となった。
ぶる花
ぶる花 ひとつひとつは小さいけれど、集まれば迫力さえ感じる。
ラビットアイ系の赤っぽい花もいっぱい。 ぶる花

 

2011年3月末。

膨らんだつぼみが、空へ向かって伸びている。
元気いっぱい。
ぶるつぼみ
ぶるつぼみ むくむくと、力をためて。もうすぐ、白い花が顔を出す。

 

2011年2月。

バレンタインデーに大雪。
花も芽も葉っぱも、すべて真っ白に覆われて。
雪ブル
雪ブル 油で揚げる前のごぼ天、砂糖の付き過ぎたチョコ菓子…。
そして、雪は溶け、下旬。

寒さの中でも、着実に成長しているのだ。
ブル芽
ブル芽 むくむくと、天に向かって。
今年もまた、花を実をたくさん付けてくれますように…。

 

2010年11月下旬

今年の猛暑からして、綺麗な紅葉はのぞめないだろうと思われていたこの秋。
しかし、ここ最近の急激な温度変化で、京都をはじめ、あちこちで見事な紅葉が見られたようだ。

ぶるぢゃやも、ささやかながら「紅葉」。
秋空の水色と、葉の赤が、なんともいえないコントラスト。
ぶる

 

2010年8月下旬

初摘みからひと月以上。なのに今年はまだまだ採れる…。

いつもなら、お盆を過ぎればほとんど実の姿のない木になるのだが、今年は収穫が遅れたこともあり、下旬でもまだまだ収穫できている。

ブル
ブル 今年の記録的猛暑で、体力的にはまいっているけれど、よかったことといえば、洗濯物が早く乾くことと、ブルーベリーの豊作くらいではないだろうか?
「暑いからもういいや…」
萎えそうになる気持ちを奮い立たせて(笑)こんな暑い中でもがんばってなった実に感謝しつつ、ひとつでも多くのジャムを作るために、せっせと収穫しています。

ジャムの販売は9月からを予定しております。もう少しお待ちくださいませ。
ブル

 

2010年7月10日

今年の初摘み。

例年より10日くらい?遅れての収穫スタート。
といっても、まだまだまばら。

しかし、鳥に先を越されないように、少しずつでも摘んでいかなければ。
ぶる実
ぶる実 収穫できる時期の間は、少しずつですがお客様にもお裾分け。「生でそのまま食べたの、初めて!」と、毎年驚いて?喜んでいただいております。
ぶるぢゃや、夏の風物詩。

 

2010年6月中旬

ようやくの梅雨入り。暑くなるのが遅かったが、ブルーベリーも他の木も、青々としている。
ぶる実
ぶる実 もうすぐ。もうすぐだ。でも、ここからが長い。
青くなる前に、ゲリラ豪雨が来ないことを願うばかり…。

今年の収穫は7月末頃になるだろうか…?

 

2010年5月中旬

肌寒い春が続いたせいで、今年の花は長くもった。
ぶる実
ぶる実 これがまさに花から実へ、変わる姿。
少しあったかい日が続くと、ひとつひとつの「実の元」が、すっかり大きくなっていた。

 

2010年4月下旬

まだまだ寒い4月。
でも、ちゃんと白い花が目立つようになった。
ぶる花
ぶる花 ぶる花

 

2010年3月中旬

もうすぐ訪れる春本番に向けて、芽をふくらませる。
ぶる芽
ぶる芽 2月が異常に暖かかったこの冬。一気に開いてしまうのだろうか?と心配したが、また極寒の3月に逆戻りでおとなしくなった。

冬は寒く、夏は暑く。
季節らしい気温でないと、人間の体だけでなく、植物もおかしくなってしまう。
今年も気候が心配…。

 

ホーム